どんなに古くても修理可能

正規サービスセンターへ

男性

パテックフィリップは、スイスの高級時計メーカーで、オーデマ・ピゲ、ヴァシュロン・コンスタンタンと共に世界3大高級時計メーカーとして知られています。
そんな中でもパテックフィリップは頭一つ抜け出た存在で、世界中のセレブや大富豪からの高い支持を得ています。
パテックフィリップの特徴はその正確性であり、ジュネーブ市が定めた腕時計の品質基準をクリアした証であるジュネーブシールを許されている数少ない時計メーカーです。
パテックフィリップのもうひとつの特徴が、どんなに古い時計でも修理が可能な「永久修理」を掲げていることです。
自社にオリジナル部品を保管していますが、もし部品の在庫が無くても新たに製造して修理を行ってくれるので安心です。
また、もし故障してしまった場合は、一般の時計修理店では高級すぎて対応してもらえないことが多いので、パテックフィリップ正規サービスセンターに依頼すると良いでしょう。
日本の正規サービスセンターは東京都千代田区内神田にあり、パテックフィリップの厳しい本社研修を受けた10名以上の認定時計技師が常駐しています。
修理費用は症状によって異なりますが、日本で修理可能な場合でも10万前後、本社スイスでの対応になると30万円前後を最低でも用意する必要がありますが、まずは連絡をして修理費用を見積もって貰うことが大切です。
世界最高の技術を誇るパテックフィリップの時計ですが、長年使用していると必ず消耗してしまう部品が出てきます。
大がかりな修理になるのを防ぐため、3年から5年に一度はオーバーホールを行い大切に使いましょう。

きちんと説明を受ける

腕時計

時計コレクターや高級時計を買い求めたい人にとって、パテックフィリップは時計メーカーの中でも、最高位に位置すると認識されております。
パテックフィリップは、その高い品質と洗練されたデザインによって、世界中から絶賛され続けております。
そんなパテックフィリップを購入するには、まず信頼できるショップを探す事が重要です。
具体的には、パテックフィリップの正規販売店であることです。
パテックフィリップの人気シリーズである、ノーチラスやカラトラバは比較的市場に多く出回っている為、正規販売店ではなくても扱ってる場合があります。
しかし、正規販売店であれば正しいルートで入手している為、商品に対する保証がありますので安心できます。
また、オーバーホールやメンテナンスなどのアフターケアに対する保証もあります。
正規販売店を効率よく探すには、インターネットを活用すると良いです。
携帯モバイルがあれば、どなたでも検索できますし、インターネットカフェでも検索する事が出来ます。
そして、直接店舗へ行ってパテックフィリップの時計をどのように扱っているか、確認すると良いでしょう。
その際、そのお店の販売員との会話を通じて、パテックフィリップに対する専門性が十分にあるのか、チェックする事も忘れないようにしましょう。
専門知識が十分にあれば、普段の生活においてパテックフィリップの時計をどのようにお手入れしていけば良いか、丁寧に説明してくれる事でしょう。

永久的に保証される

腕時計

パテックフィリップは、スイスの高級時計メーカーです。
1932年に発売された「カラトラバモデル」は、デザインが優れていることで知られるロングセラー商品です。
また、「キャリバー89」は、パテックフィリップの創業150周年を記念して製作された33の機能を持つ精巧な時計です。
ほかにクロノグラフやパーペチュアルカレンダーが用いられたモデルが販売されています。
ケースの素材には、イエローゴールドやピンクゴールド、プラチナのほかに、パテックフィリップにしては珍しいステンレスを用いたモデルも販売されています。
風防が、従来のものからサファイアクリスタルに変更されるなど、時代とともに洗練されてきています。
パテックフィリップは、たいへん知名度の高い高級時計ですから、オークションに出品されれば高値がつくでしょう。
長年持ち続けていれば、資産価値のある時計です。
パテックフィリップは「永久修理」を提供しており、どんなに古い時計でも修理してもらえます。
このことから、「パテックフィリップの時計は一生もの」と言われています。
ただし、通常2年の保証期間をすぎると、無料ではなく有償となります。
また、古い時計でも修理可能と言っても、部品切れとなってしまう場合もあります。
その場合は、オリジナルの部品ではなく、代替品が使われます。
それでも、限りなく元の形に近づける努力はされていますから、高級時計の老舗メーカーとしてのブランドイメージを守っていると言えるでしょう。